RETAIL TECH 2022.06.06

店舗前交通量の評価・活用方法

店舗前交通量の評価・活用方法

店舗前交通量計測の設計

「店舗」の立地を評価するには店舗前交通量を計測し、蓄積するのが比較的簡単な方法です。
今回は店舗前交通量を計測した際に取得される「カウントデータ」をどのように活用するのか?をご紹介します。

データの利用設計

「データ設計」といっても「じゃぁ、こうしよう」と設計(モデリング)を始められる人は少ないと思います。そこでそういった専門的な作業について弊社で代行、提案させていただくのですが、事前に「扱っているデータの内容」について、認識を合わせておくことが重要になります。

認識を合わせてから実際の設計に入りますが、弊社の場合「店舗前交通量」は「おおよそ」の結果として捉えていただくようご案内しています。「何人」と断定的な数字(実数)の評価は困難となります。

商業施設

店舗前交通量がおおよそ。となる理由

  • 画角の外を出るとリセットされる

特定の人物が画角を横断している場合、その間はプログラムが追跡をし画角を出るまでは「1つ」としてカウントしてくれますが。その人物が再度画角に戻ってきた場合は「また一つ」としてカウントされます

  • 個人特定(個人情報化)していない

重複データは「個人特定」していないために発生する弊害となります。
このため弊社では「何人」という表現はしておらず、「何回」という表現に止めています。

どうしても何人が往来したのか知りたい場合は、個人情報保護法の対象となることをご了承いただき、個人特定、顔認証機能などを使って「個人」をカウントする仕組みが必要となります。

RT-TypeC-店舗前交通量計測のご紹介
https://blog.crestnet.jp/2022/05/rt-typec.html

店舗前交通を取る意味

店舗前交通量というのはそのまま「店舗の入口前をどのぐらいの人が往来しているのか?」を計測した値です。

  • 人通りは多いのか?少ないのか?
  • 最近天気が悪いが人出に影響あるのか?
  • 近所でイベント(お祭り)があったが往来に影響はでたのか?
  • 商業施設の入店数データは好調だが自店前の往来はリンクしているのか?

交通量を取る意味は「店舗の入口に一日中、一か月。立って見続ける」のと同じだけの価値があると思っています。

店舗前交通量で取れるデータ(形式)

    • 時刻(YYYY/MM/DD mm:hh:ss)
    • 日付(YYYY/MM/DD)
    • 時刻(hh)
    • 曜日(WEEKLABEL)
    • 週番号(ISO週NO)
    • カウント数

ユニット自体は計測(データ生成された)時刻とカウント数が取得されるのですが、データを成形し日付、時刻、曜日、週番号、カウント数に再編成しているので、これらを元にグラフを作成できます。

交通量データを利用した「評価」設計

交通量データだけでも、様々な視点でデータを分解・集計するだけで色んなことが見えてきます。WEBサイトを計測するGoogleアナリティクスなどのインサイトをご覧になっている方であれば、イメージは沸くと思います。

    • 時系列・日別の交通量変化
    • 曜日・時間でマトリックスにしたヒートマップ
    • Googleマップに配置して地域比較
    • 前月対比でみる累積チャート

こういった指標をウェブサイトと同じような視点で比較することで「どの店舗前の”いつ”が往来が多くて、”どういうパターンで”往来が減るのか?」という事を知ることができます。

最初はGoogleアナリティクスの評価軸を参考にしてデータを配置するだけでも、効果的な指標を得ることができます。
評価設計というのは、作業的にはピポットテーブルを操作するのと大差ありません。
それを「どう見てもらうか?」という見る側への考慮を「設計」と呼びます。

日別で線グラフにすれば日々の変化をダイナミックに把握することができますし、外部データ(例:気象データ)と横軸(日付)をそろえることで、天候が店舗前交通量に与える影響を知ることができます。

こういった示唆を提供するのも店舗前交通量データの用途となりますので、ご興味がありましたらお気軽にお問合せください。リテールテックサービスはお客様のDXを支援するサービスとなります。

 

———————————————-———————————————-
クレストリテールテックWEBページ
https://retailtech.crestnet.jp/

その他パッケージのご紹介

RT-TypeA-フルスタイル
RT-TypeB- 入店率計測

———————————————-———————————————-

概算費用自動見積もりフォーム(calculator)
https://forms.gle/2edRgsjc9bkaNL6d9

———————————————-———————————————-

RETAILSCOPEの紹介
https://retailtech.crestnet.jp/products/retailscope/

———————————————-———————————————-

Xovisの紹介
https://retailtech.crestnet.jp/products/xovis/

———————————————-———————————————-

RetailNextの紹介
https://retailtech.crestnet.jp/products/retailnext/

———————————————-———————————————-

 

 

サイン&ディスプレイ製品に関するお問い合わせ リテールテック製品に関するお問い合わせ

サイン&ディスプレイ製品に関するお問い合わせ

リテールテック製品に関するお問い合わせ