Latest News

現代 "いま" こそ映える!ネオンサインをお手頃価格で!



こんにちは。
クレストの石川です。

今回のテーマは「ネオンサイン」でございます!
古くから使用されておりますが、そのビンテージ感で、現代のプロモーションでも見かける機会が多くあります。
しかし、後述しますが、ネオンは職人技を必要とする特殊なサインですので、金額が思いの外高いのです。。。

そこで、今回ご紹介しますのは、ズバリ「低価格のネオンサイン」でございます!

そもそもネオンサインとは


ネオンサインは、ガラス管の中にガスを封入し、放電される事によって光らせています。
ガラス管の加工は職人が、デザインに合わせて炙りながら曲げて、ご希望の形にしていきます。
(※詳しいネオンの作り方に関しては弊社ブログ「ネオンサインができるまで」をご参照くださいませ。)

長年の培った技術を持った職人にしか作れず、その人数も近年減少傾向にあります。
そのため、金額がかかってしまうことも致し方ありません。。。



低価格を実現-チューブネオン-
今回紹介いたします低価格のネオンサイン「チューブネオン」は、文字通りチューブ状のふにゃふにゃなLEDライトです。

これをコンセントに繋ぐと。。。


雰囲気は完全にネオン菅のそれと遜色ありません!

実際にサンプルとして製作したものがこちらです↓



仕様は、ネオンチューブを固定するためのアクリル下地に溝を作り、はめ込んで文字の形を作っております。
下地を透明アクリルにすれば宙に浮いているようにすることも可能です。

ネオンチューブのメリット
ネオンチューブ を使用することのメリットは大きく分けて3つあります。
以下は、先ほどの「Take out」のサイン(W300×H200)をネオン管とネオンチューブで製作した場合の比較になります。

1.コストがかからない

ネオン管:¥110,000-
ネオンチューブ:¥63,000-

およそ半額近くで製作が可能になります。

2.リードタイムが短い

ネオン管:3〜4週間
ネオンチューブ:7日〜10日

3.安全性

ネオン管:衝撃による割れの危険性 電圧:V6000 以上 館内NG
ネオンチューブ:ラバー素材のため衝撃による破損のリスクが低い 電圧:V12


どんな時に使えばいいの?
ネオンを使う良さは、「ヴィンテージっぽい雰囲気の良さ」と、「強い発光による圧倒的な視認率」にあります。
新店舗のファサードやレジ周りの装飾はもちろん、
低価格のため、短期的なPOPUPなどの什器に気軽に組み込むことができます!

金額で諦めていた、古き良きおしゃれなサインで、
プロモーションを盛り上げていきましょう!

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.