Latest News

【重要】ガラスの熱割れリスクについて:基礎学習

こんにちは!
ディビジョン2の西村です。


早速ですが・・・

「西日が強くて眩しいのでなんとかしたいんですけど・・・」

今回は、よくお客様よりいただくこのお悩みに対する回答をいくつか挙げつつ、
ガラスの「熱割れ」についてあれこれお話しさせていただきます。

                            



西日対策



さて、まずはこのご相談に対する回答でパッと思いつくものをいくつか書いて見ます。

①遮光機能のあるフィルムを貼る
ガラスには、「飛散防止フィルム」と呼ばれるフィルムが貼ってあることが多いです。

これは、地震や事故などでガラスが破損した際に、その破片が飛び散らないように貼ってあるものです。
非常に種類が豊富で、遮光やUVカットから防虫まで、
実に様々な機能を有したフィルムが存在しています。

②出力したフィルムを貼る
フィルム自体が遮光機能を持っていなくても、
デザインを出力したフィルムを貼れば光を和らげることができます。

③タペストリー or ロールスクリーン(またはカーテン)を設置
ガラス自体ではなく、ガラスの前に設置して光を遮ってしまうやり方です。
遮光性は高いですが、せっかく開放感を演出してくれる窓ガラスを塞いでしまう形になるので、
ちょっと勿体無い場合もあるかもしれません・・・。

と言うことで、今回は、①と②の方法を行う上でのお話を少ししたいと思います。



熱割れとは








コップに熱いお湯を注いで割ってしまった経験はありませんか?
熱割れは、ガラスの部分的な温度差によって起こります。
コップに熱湯を注ぐ場合を例にすると、熱湯が注がれた部分のガラスは温度が上昇し、
膨張します。しかし、金属のシンクに触れている部分等、温度が上がりにくい部分もあります。すると、膨張する部分と温度が上がっていない部分とで引っ張り合いになり、
その境目で割れてしまうのです。

わかりやすく言うと、ガラスは熱によって膨らんだり縮んだりするが、
そのガラス自体の許容範囲を超えて膨張すると、膨張していないところとの差でガラスが割れてしまう
という現象です。

これ、厄介なことにガラスにフィルムを貼るとその危険性がとっても高まるんです。
どういうことかと言うと、ガラスにフィルムを貼ると(特に出力したメディアを貼ると)、
フィルムの場所によって温度の差がより顕著に発生するので、
割れやすくなってしまうんです。



網入りガラスに要注意





こんな写真のガラスを見たことありませんか?
これは「網入りガラス」と呼ばれているガラスです。
主に飲食店やガソリンスタンドなどの火を扱う店舗等、建築基準法や消防法によって義務化されている住宅・施設で使用されているガラスです。
火災が起きた際、通常のガラスであればガラスが炎で溶けて脱落してしまい、そこから火炎が出入りして延焼を引き起こすわけですが、網入りガラスの場合は、その網でガラスを一定時間脱落させずに延焼を防ぐことができます。



上記のような利点がある一方で、フィルムを貼った際に熱割れを起こす可能性は、
網の入っていないガラスよりも高いのが注意点です。
ガラスの中に金網が入っている分、そうでないガラスより熱を吸収しやすくなっている為、
ガラスに熱が留まってしまい、熱割れの危険が高いです。
熱割れ計算で事前のリスクを確認




ガラスにフィルムを貼りたい、と思った時に、一時的ではなく通年で貼っておく場合は、
「多分大丈夫だろう」ではどうしても先に進めない時がありますよね?
そんな時は、そのフィルムを貼った時に熱割れを起こすリスクがどれぐらいあるのかを計算して導き出すことができるんです。
それが、「熱割れ計算」です。

計算をするには、フィルムの品番(及びメーカー)・ガラスメーカー・種類・厚み等いくつか情報が必要なのですが、情報がわかれば2〜3日で、回答が得られます。

出た結果は割れないことを保障するものではないですが、
大きな指標の一つにはなるかと思います。


最後に
熱割れに関しては、必ず起きないと保障することは難しいです。
ガラス自体の選定や、そのガラスに施す内容によってそのリスクを限りなくゼロに近づけることが可能です。

西日をなんとかしたい、ガラスにフィルムを貼りたい、そんなご要望をお持ちのお客様、
クレストならプラスアルファのご提案をさせていただきますので、ぜひご相談ください。

以上、ディビジョン2の西村でした。
ご拝読いただき、ありがとうございました。

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.