Latest News

【エヴァタック】大理石に貼れるシート始めました。

こんにちは!
ディビジョン1の西村です。

僕たちは、数々のお客様からサイン・ディスプレイのお仕事をいただく中で、たまにこんなご相談を受けます。




大理石というのは僕らにとっては非常に厄介な代物でして、普段ガラスに貼っているような糊のついたシートを貼ってしまうと、剥がす時に大理石にヒビが入ったり欠けてしまったりと傷つけてしまう可能性が非常に高く、いつも頭を悩ませてきました・・・。

ですが、そんな大理石に貼っても、剥がす時に大理石を傷つけないシートがあったんです!!

その名も、「エヴァタック」です。


エヴァタックとは

このシートは、糊や吸盤を使用せず特殊な樹脂を使用して接地面への吸着を可能にしている商品です。
糊を使用していないので、剥がし跡が残らず、綺麗な施工が可能です。
大理石だけでなく、タイルや車のボディーなどに貼っても綺麗に剥がすことができます!
ちょっとその特徴をまとめてみます。


  • 糊を使用していないので、剥がし跡が残らない
  • 大理石・タイルや車のボディーなど今まで貼りたくても貼れなかった場所にも貼れる
  • 店舗スタッフの方でも簡単に剥がし貼りができる
  • 耐水性に富んでおり、屋外での使用も可能




エヴァタックと出会った経緯

少しだけ、僕がこのシートと出会った経緯を書いてみたいと思います。

先日、ある劇場を経営されているお客様から、「次の公演の演目に合わせて劇場のロビーに装飾をしたい」とご依頼を受けました。

実際にそのロビーを見てみると、壁がかなりの面積があってうまく使えそうだったので、この壁にシートを貼って演出をしたいな、というのが頭に浮かびました。


ただ、この壁は大理石だったのです。


前述したように大理石は非常に厄介な代物です。

今回使用するシートとして、エヴァタックを除く以下の表の4種類が僕の頭に浮かびました。この中から適したシートを選ぶにあたり、4つの条件を挙げました。


その4つの条件とは、①製作現場 ②納期 ③大理石へのダメージ ④実績です。




①製作現場、②納期

今回非常に短納期かつクオリティを求められる案件でした。

そのため、納期に間に合わせるためには、平日は24時間稼働、土曜日も稼働していてること、そして、出来上がった当日にトラックで現場に製作物を持ち込める距離の拠点であることが前提条件としてあがりました。

③大理石へのダメージ
この条件が最も慎重に考えなければならない条件でした。

①と②をクリアしており、かつその現場で製作できるシートで、
大理石に貼っても大理石を傷つけない可能性のあるシートとして、
ゲルポリ、DSシート、フォトテックス、微粘着シートを候補に挙げました。


④実績
候補に挙げた4種類のシートはいずれも実際に大理石に貼った実績がありませんでした(僕の知る限り)。そのため、剥がす時の大理石へのダメージに加え、掲出期間中にシートが剥がれてきてしまう可能性も捨てきれませんでした。

4種類のシートの中から選ぶ場合、リスクを承知で施工に及ばなければいけなくなるなと思いつつ、メーカー担当者に相談してみたところ、「大理石に貼れる」と謳っているシートがあると教えていただきました。

それが、エヴァタック(2回目)だったのです。

エヴァタックは、僕があげた4つの条件も全てクリアしていました。

他にもあるエヴァタックを選択するメリット


以前、会社のプリンターで吸着シートが作れるBMシートという商品をご紹介させていただきました。
それ、エヴァタックもできちゃうんです。

 A3もしくはA4サイズのシートのご用意がありますので、お気軽にお試しいただけます。

最後に
これまで、ブログの中でゲルポリやDSシートといった糊を使わない素材をご紹介してきましたが、それらと比べて安価なのもこのシートの魅力の一つです。

これまで演出したくてもできなかった箇所への施工やコストダウン等々、メリットがたくさんのエヴァタックにご興味を持たれた方は、ぜひ弊社営業担当までご連絡ください。

以上、ディビジョン1の西村でした。
ご拝読いただき、ありがとうございました。

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.