Latest News

【黄金比十二支シリーズ】黄金比で◯◯をつくってみた!!!【第七走者】

こんにちは!
前橋サテライトオフィスでデザイン制作を担当しておりますYukiです!

今回のお題は、念願(?)の「ウマ」でございます!!
群馬の馬ですね〜ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

ほんとは、ぐんまちゃん上毛カルタの写真をつかってキャッチを作りたかったのですが、使用許可を出さないと使えないみたいで挫折しました。。。


そこで、再度黄金比十二支シリーズをまとめたのでみてみましょう。



あと少しでこのシリーズも完結です、、、
(どうやら新シリーズが動き始めているらしいです……今後のブログの動きに注目です)



ちなみに、ゆるキャラ(R)グランプリで1位を取った、我らのマスコット「ぐんまちゃん」
実はしれっと「ゆうまちゃん」から名前を変えていまして、、、

私も知らなかったのですが、初代ぐんまちゃんから襲名して今は「2代目ぐんまちゃん」となっているそうです。

気になる方は「初代ぐんまちゃん」で検索してみてください。


そんな全然ゆるくない、ぐんまちゃん知識を蓄えたところで、
黄金比にまいりましょう!!!



つくりかた

制作・解説ともにHasegawaさんです。


完成図

特別仕様 ぐんまちゃんカラーverです。

全体構図



顔:輪郭
STEP 1
黄金比の長方形をベースに置いて、
8の円と21の円を図の様に配置し、パスファインダーで、切取ります。
それを、図のように上に配置します。



顔:輪郭・鼻先
STEP 2
次に、5の円を両サイドのラインと接する部分に配置し
切取れば、顔の輪郭が完成です。
次に13の円をを黄金比の長方形の下場に合わせて、カットアウトすれば、
鼻先の部分になります。



身体・後足
STEP 3
次に身体と後足を作成します。
顔で作った物と同じ物を、下場から3の円の高さの位置に配置します。
これが、身体になります。
後足は、13の円を1の円の幅分移動して、円のセンターを黄金比の長方形の
下場に合わせます。
次に、内側の円を、身体のラインに接する部分に配置して、
余分な部分をカットして、0.618の円の高さで、蹄の部分をつくったら、後足の完成です。




前足
STEP 4
次に前足を作成します。
13の円と1の円の幅を引いた円でドーナツ型を作ります。
それを、2分の1にカットし、0.618の円の高さで、蹄の部分を作ります。
それを、頭の上から、8の円の高さ分下がった位置に配置して、前足の完成です。

耳・目・鼻
STEP 5
図のように配置します。



たてがみ・尾
STEP 6
5の円と3の円をセンター合わせの上揃えで配置します。
それを、30度ずつ回転を掛けます。
次に、隣り合う3の円で、三日月型に型抜きしていきます。
たてがみは、上2つ、尾は、下2つの三日月型で表現しています。
それぞれを図のように配置すれば、黄金比の馬の完成です。

完成!

おわりに

いかがでしたでしょうか、記念すべき「ウマ」回。
たてがみやしっぽの黄金比の使いかたは圧巻でした。そんな使い方があるなんて…w( ̄Д ̄;)

以前Hasegawaさんが担当した「ウサギ」記事でも書きましたが
あの黄金比率の四角形で完結させる様はやっぱりさすがです。





次回の黄金比十二支シリーズのお題は「ひつじ

あの《からだのもこもこ》は表現できるのか!?!?



おたのしみに!!!



黄金比でつくってみたシリーズ:初回記事

前回:ヘビ】いまここ【次回:ヒツジ

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.