Latest News

スマートフォンをLED光源にかざして情報をキャッチ



こんにちは、遊びがお仕事!naoyaです!
今日も元気に遊んでおります!

いつものようにサボって情報収集に勤しんでいたところ、新しいサイン&ディスプレイの可能性を感じた為、ご紹介です。

元記事はこちらになります。

今回開発した技術では毎秒数キロビットという従来技術の数百倍のスピードで光IDを高速送受信することが可能です。この技術は店舗での商品説明の補助ツールとして使われたり、街中(まちなか)でLEDを光源としている看板から情報を取り出すソリューションとして使われたりすることが考えられます。またデジタルサイネージからより詳しい情報を取り出したり、多言語での説明を受けたりするような応用も考えられています。
〜引用〜

これって、「光信号」でスマホに「伝えたい情報を伝えることができる」ってことですよね。
コンセプト自体はiBeaconに似てるのかな?
でも、iBeaconとは違った用途と何よりディプレイ商材として組み込みしやすいという点でメリットが大きいですね。

もちろんスマホアプリ側にどういうSDKが必要か?常駐できるのか?といったことはこれから情報がでてくると思いますが、街を歩いてるだけで欲しい情報から飛んできてくれるのはユーザー目線で見てもメリットがあると思います。

非常に楽しみなテクノロジーですね!
今後もこの技術には注視していきたいと思います!!!

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.