Latest News

やりたいこと1〜O2O〜

2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!
WRITER : Editorial departmen2015.02.21
http://o2o.abeja.asia/omnichannel/post-8288/

どうも遊びが仕事のnaoyaです。

怒られるかもしれませんが、記事にしてみます。


いきなりですが、o2o市場に非常に興味があります。

市場規模はもちろんですが、クレストが得意とする
サイン&ディスプレイ と ICT
が組み合わさったら......

そう考えると、もの凄くワクワクします。
  • デジタルサイネージ
  • ディスプレイボード
  • 店内ポスター
それらにiBeaconセンサーがついていたとしたら。。。
もの凄くもの凄くワクワクします。

それぞれのメリット

テナント単位でみれば、来客数の詳細なログが取れる。というメリットがあります。
そのテナントを持つ百貨店様、デパート様単位で見ると大きな「流れ」を把握することができるというメリットがあります。

双方にとって効果的な結果が得られると期待しています。

それらはいろいろな言葉に置き換えられ、その期待値をいろいろな方法で発信されています。
ビックデータ、オープンデータ、IoT、マルチチャネル、ショールーミング.....

ただし・・・・センサーの置き場所や見た目など「店舗」としてみたとき、デザインや存在感が気になってしまう場合が多々あります。


ただ、もし、それがもともと「デザイン」「素材」「配置」が考慮されていたとしたら?
ポスターの裏、ディスプレイボードの隙間、棚の裏。
あらかじめきちんと設計されていて、お客様を不快にさせないように考慮できてたら?

もの凄くもの凄くもの凄くワクワクします!

なぜ「それが」できないのか?

たしかにo2oの事例や商材など、最近はたくさん紹介されています。
が、パッと見「黒いモニターがあって、LANケーブルやらセンサーライトやら電源ケーブルやらが見えてしまっている」ものが、店頭に鎮座している。。。。

明らかにお店としてみたら「浮いている」
皆さんは「もうちょっとなんとかならなかったのかな。。。」と思っていると思います。

ではなぜ、その「気遣い」ができないのか?

それは「作っているのは技術実現を目的としている」からであり、システム要件を満たすことがゴールとなっているからです。
※注:あくまで個人的見解です

それは決して間違っていないと思います。
そもそもの軸が違うから仕方ないのだと思ってます。

ただ、もしちょっと店舗のこと店頭の事をしっている人がその製品を担当したら。
導入の際、デザインの際、知ってる人がいたら。。。。

きっと違った「見た目に仕上がった」のではないかあぁ。といつも考えています。


クレストはサイン&ディスプレイ事業会社です。


店舗イメージに合わせディスプレイにラッピングする。とか。
レンタル品のモニターに負担をかけない素材で、飾り付けする。とか。
お客様の足回りを考慮したシステム構成や配置を考える。とか。

そういったご要望にお答えする日も、そう遠くないと思っています。
今まで多様なお客様のニーズにお応えしてきたナレッジをフル活用しお応えできるよう準備をしたいと思っています。


もの凄くもの凄くもの凄ーくワクワクしながらお問い合わせお待ちしております!

〜naoya〜

Crest Creative Center Designed by Templateism.com Copyright © 2014

テーマ画像の作成者: Bim さん. Powered by Blogger.